【排気量別】カッコいいバイクランキングはコレダ━━━━━!!

cb400sfの評価とスペック

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

 

cb400sfの評価

 

cb400sfの評価に目を向けてみると、非常に高い完成度を誇りさらに文句のつけようのないバランスの良さがその最大の魅力と言えます。そして本企業が手掛ける数々の魅力的なバイクの中でも代表格と言える存在です。一方でそのバランスが良すぎるゆえに少しまじめすぎる優等生という評価がくだされています。その優等生という評価は実際に教習者に選ばれていることからもその優等生っぷりは証明されていると言えるでしょう。バランスが良すぎて欠点や偏りがなくクセが全くない。それゆえにバイクを趣味としている人からはその個性のないお行儀の良さがcb400sfの評価をやや低いものとしている要因のようです。しかしその完成度は高い優れた車種であることは間違いありません。

 

 

cb400sfのスペック

 

cb400sfのパワースペックは、水冷に直列した400ccの4気筒DOHCです。1気筒ごとで作動するバルブ数を2と4で使い分けるシステムを持っていて、高いトルクと長距離での燃費向上を両立します。燃料噴射量とタイミングをコントロールするPGM-FIという機能も、燃焼の効率化に繋がっています。さらにエアインテークをエンジンの回転数に合わせて細かく制御するIACVというプログラムを搭載し、速度変更時でも動きが滑らかになります。
フロントサスペンションには無段階調節、リアには5段階での調節が可能なプリロードアジャスターが搭載され、幅広い体重や身体のバランスの人に対応し、安定した走行ができるようになっています。

 

 

 

cb400sfの燃費

 

cb400sfは本田技研工業から発売されているネイキッドタイプで400ccのオートバイですが、燃費の面ではどうなっているでしょうか。
1992年から販売を開始したバイクなので、いくぶん設計自体が古めな部分があります。近年に設計されているバイクに比べて燃費面が少し劣る面もあると言えますが、平均的に20㎞/L程度が目安となっています。高速道路走行の場合はもっと燃費が向上しているようです。
そしてcb400sfの特徴として4気筒なので、2気筒や単気筒のバイクと比較すると燃費は落ちる部分が見られます。
近年に設計されたエンジンは燃費が良くて当然の部分がありますが、このcb400sfは基本設計が昔のタイプの割には優秀な部類だとも言えます。

失敗しないバイク買取査定~買取額3万円上乗せは楽勝!

https:/bikesatei.net/

バイクを売るなら業者一括査定で

比較しないと絶対に損!

マジに買取額は数万円違います!

 

 

スポンサードリンク

RETURN TOP