【排気量別】カッコいいバイクランキングはコレダ━━━━━!!

ゼファー400の評価とスペック

この記事は2分で読めます

 

 

ゼファー400の評価

 

カワサキのゼファー400を一言で表現すると、クラシカルなネイキッドスタイルの外観に最新の技術を搭載した通好みの渋いバイクです。派手さを求めない大人のバイクという印象で、変な癖もなく安心して乗ることができるという評価を多いようです。足つきに関しては身長170cm程度の人であれば問題なしですが、女性が乗るときついかもしれません。

ハンドルの位置が絶妙なのと厚みのあるシートなどで、長距離ドライブも疲れにくいのも魅力です。エンジン音も静かで、ハンドリング特性も素直、性能的には中型バイクのスタンダート的な存在です。教習車として採用されることも多く、初めての中型バイクとしてもおすすめできます。ロングラン商品なので中古車も多く出回っています。

 

 

 

ゼファー400のスペック

 

1990年代から2000年代に掛けて展開されていた二輪車のゼファーシリーズの中で、最も基本的なモデルとして400ccの排気量でラインナップされていた車種が、ゼファー400です。
そのスペックですが、当初のモデルは2ストロークのエンジンで46馬力となっています。90年代半ばに車体仕様全般の見直しに伴って派生モデルが開発された際に、4ストロークで53馬力のエンジンに変更されています。
他の要素としては、車体重量に関しては概ね200kg、6速のリターン式変速機を搭載したMT車両であるという点がモデル・発売時期に関わらず概ね共通したスペックです。
排ガスのレベルに関しても相応のものを有していましたが、2008年以降の自動車排ガス規制に適うものではありませんでした。他の排気量のモデルよりは長く生産されたものの、この規制を切っ掛けに2009年に生産を終了しています。

 

 

ゼファー400の燃費

 

カワサキのバイクであるゼファー400の燃費はどれ位かというと、カタログを見ると1リットル当たり約38キロメートルとなっていますが、実際走ってみた平均燃費は約20キロメートル前後です。それでも400ccクラスのバイクとしてはかなり良い方で16歳から中型免許は取れる為、若い世代にも人気があります。
何故カタログと実際の燃費に違いが出てしまうかというと、ゼファー400は時速60キロメートル以上で走ると回転数が上がり一気に燃費が悪くなるからです。
その為普段通勤や買い物でスピードも60キロ以下でのんびり走る場合はそれ程ガソリンも消費しませんが、ある程度スピードを出して走る事が多い場合は、一気に燃費も消費します。

 

RETURN TOP