【排気量別】カッコいいバイクランキングはコレダ━━━━━!!

モンキー 125の評価とスペック

この記事は2分で読めます

 

 

モンキー 125の評価

 

モンキー 125は車体が107キロと重い割に取り回しが軽いと好評のバイクです。エンジンの力強さと車体の安定感は抜群で、サスの動きも良いと評価されています。街乗りにちょうど良いバイクで、50ccの外観を引き継ぎながらも公道で流れに乗れるだけの性能を持っています。

モンキー 125は7cmのウレタン厚があるシートなので乗り心地も良く、長距離でもお尻が痛くなりません。燃費も良好で、燃料メーターが全然減らないと言う口コミもあるほどです。超高性能という程ではありませんが、まったり走りたい人に良いバイクです。心地良いエンジン回転数を維持しながらシフトアップするので、広い幹線道路でも無理なく交通の流れに乗っていくことができます。ストレスがない、普通に走っているだけで楽しいバイクです。

 

 

モンキー 125のスペック

 

 

ホンダのモンキー 125のスペックは、ボディサイズが1,710×755×1,030mmと旧型に比べてかなりスケールアップしています。エンジンも従来の50ccから排気量がサイズアップし、最高出力が9.4馬力を発揮する124cc空冷4ストロークOHC単気筒を搭載しています。可愛いモンキーのスタイルはそのままなので、見た目の雰囲気の良さは変わりません。

車体に関しては、バックボーンフレームが採用されており、それによりしなやかさと剛性を実現しています。足回りはバネ下重量を軽減させることができる倒立フロントフォークを採用し、また強度を確保するために専用に設計したスイングアームとなっています。価格は約40万円です。

 

 

モンキー 125の燃費

 

50年にわたり、多くのライダーに愛用されていたホンダのモンキーは2017年8月に惜しまれつつ生産が中止されましたが、その後継としてモンキー 125が発売されました。ホンダのカタログでは、60km/hの燃料消費率は71.0km/Lとなっています。実際には道路の状態や走行の方法、気候などで変わりますが、実際に走行をして測ると、レギュラーガソリンの場合を用いた街乗りの場合の燃費が1Lあたり40km~45km、ツーリングだと50kmになります。ハイオクガソリンでは、街乗りの場合が1Lあたり45km~50km、ツーリングの場合だと55km~65km程度です。季節によっても燃費は変動し、夏は距離が伸びますし、寒い冬には燃費も低下します。

 

 

 

RETURN TOP