【排気量別】カッコいいバイクランキングはコレダ━━━━━!!

cb125rの評価とスペック

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

 

cb125rの評価

 

125ccのバイクのイメージは小さい、中途半端という感じを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、ホンダcb125rはそのイメージを払拭する堂々たるボディサイズを誇り、小ささを感じさせません。入門バイクとして、また日常の足として非常に取り回しが良く、使い勝手が大変良いのが特徴です。

実際にユーザーの評価を見てみると、13馬力発揮するエンジンのパワーも文句なく、非力さを感じることはないようです。低速から高速までフラットにパワーが出るフィーリングが良く、装備もフロントの倒立フォークやラジアルマウント
ブレーキキャリパー、ABSの標準装備など125ccバイクとは思えない充実装備にも高い評価が与えられています。

 

 

cb125rのスペック

 

cb125rはホンダ技研工業が生産するモデルで小型自動二輪車です。
cb125rは主に欧州を販売市場として生産しており、エンジンスペックは排気量125㏄の小型水冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載しており、また電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用することで、52.2km/Lの低燃費を実現し、スムーズな加速と安定した走行性能を兼ね備えたモデルです。
フロントサイドを包む買うリングがスポーティーなデザインで、走行時にスムーズに後方に空気を流すエアロダイナミクスを考慮し、共にエンジンの冷却性能を高める考慮もされているスポーティーなモデルです。
サイドカウリングにはCBRのネーミングが記載され、燃料タンク部分にホンダウイングのマークもあり、多くのライダーに愛されています。

 

 

cb125rの燃費

 

cb125rは125ccとなっていますが、車体自体は大型となっています。基本的にはバイクは車体が大きいとそれだけ燃費も悪くなりますが、cb125rに限っては思ったよりも燃費が良くなってます。そしてタンク容量が10Lで比較的小振りである感じはしますが、PGM-FIを装備した単気筒エンジンの燃費はそれほど悪くはありません。48.4km/Lの性能を誇ることから、給油するサイクルは短くなくて済みます。そのため、ガソリン代を節約することができるのが魅力です。125ccのcb125rは、コストパフォーマンスに優れたバイクとして人気があります。燃費に関しても良いので、初めてバイクに乗る方にはベストであると言えます。

 

 

失敗しないバイク買取査定~買取額3万円上乗せは楽勝!

https:/bikesatei.net/

バイクを売るなら業者一括査定で

比較しないと絶対に損!

マジに買取額は数万円違います!

 

 

スポンサードリンク

RETURN TOP